からだサイエンスとは

治療家に役立つ本を目的に刊行された
『からだサイエンス 柔整Ver.』

本誌がより多くのみなさまと出会えることを願いWEB紹介ページを制作しました。

【ブックマークをお願いします】

本誌『からだサイエンス柔整 Ver.』は治療家の臨床に役立つ知識やタイムリーな情報をお届けするという志をもって毎号刊行、全国の柔道整復師の先生方の応援を頂きつつ業界の専門誌となるべく努力いたしております。

もともと「医療に境界線はいらない」というスタンスですが、柔道整復師の先生方の治療の巾が広がる中、他分野の学術知識も習得頂きたいという主旨で様々な治療法を紹介、出来れば東洋医学全般を網羅した雑誌にしたいという希望を持って編集にあたっていますので、異なるジャンルの学術情報も掲載しています。

本誌が、柔道整復師の先生方を始め、鍼灸・あんま・マッサージ師の先生、カイロプラクター等々、国民の医療に貢献されている治療家の皆様の一助となれるよう努力してまいります。

また、養成校に通われている学生さん方にも、分かりやすく親しみ易い雑誌を目指しています。さらに、今後医療や福祉業界で活躍・貢献される方々にも必要な情報を幅広く掲載します。

最新号のご案内

今月号も幅広い情報と深い議論を掲載しました

2017年6月 第134号
「医療の実践を通じて人々に貢献する柔道整復師」のための専門誌「からだサイエンス柔整 Ver.」は、柔道整復師と社会との一層の調和を目指し、諸問題の核心に対して引き続きポジティブに迫っていきます。

☆巻頭ビッグインタビュー

『今まさに柔道整復師という医療資格を持つATがスポーツ現場をサポートすることが望まれます!』

帝京大学スポーツ医療学部 教授
蛭間 栄介 氏

帝京大学スポーツ医療技術学部教授の蛭間栄介氏は、日本のスポーツ指導者育成に貢献され、これまで長年にわたって柔整業界への支持・支援をし続けてこられた方である。
3年後の2020東京オリンピック・パラリンピックへの期待は高まる一方であり、世界的にスポーツに対する関心はとどまるところを知らない。今後スポーツは、我々人間にとって益々大切で健康に欠かせない行為・活動として重要視されていく中で、それを支援・サポートする指導者の育成はどうあるべきか等について、世界のスポーツ現場を見てこられた蛭間教授に話していただいた。

☆スペシャルインタビュー

『「健康」 をど真ん中に、赤ちゃんからお年寄りまですべての西東京市民が楽しく暮らせるまちづくりを推進しています!』

西東京市長 丸山 浩一 氏

西東京市は都心へのアクセスが良く、緑豊かな公園の多いまちとして知られ、シチズン時計本社をはじめ、「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」等を制作しているシンエイ動画などアニメプロダクションの多いまちとしても有名である。 西東京市長として二期目に入られた丸山市長は、23年間乳児の心臓外科の臨床現場に立たれ、その後、平成7年から都庁で癌対策や生活習慣病対策を担当、保健・医療行政に辣腕をふるわれてこられた方である。しかも多摩小平保健所長、福祉保健局保健政策部長、福祉保健局医療政策部長を歴任され、東京都児童相談センター所長も務められる等、臨床現場と医療・福祉行政の両方にまたがって造詣が深い方である。
医療・福祉のプロである丸山市長が描かれている「健康」応援都市のグローバルデザインと次の世代に責任を持って繋いでいくまちづくりについてお話をうかがった。

◇特別インタビュー

『少子化と核家族化が進む今こそ地域住民の温かい見守りと支え合いが求められています!』

特定非営利活動法人ミュー本部事務局 相談支援事業・地域活動支援センター
ライフサポートMEW 理事・事務局長 小原 光文 氏

2006(平成18)年に日本は、国連会議において世界で141カ国目に「障害者権利条約」が採択され、その後2011年の「障害者基本法」の改正、2012年「障害者自立支援法」・「障害者総合支援法」、2013年「障害者差別解消法」と整備され2014年1月に「障害者権利条約」が批准された。また2016年4月に「障害者差別解消法」が施行されて1年が経過した。
近親者に障害を持つ方が居ない場合、どうしても見過ごされがちな障害者の方達が当然の権利として差別されることなく当たり前に普通に生活できることが健全な社会といえよう。武蔵野市で障害者福祉に長年携わってこられた専門家の小原光文氏に障害者支援の在り方と取り組み等、お聞きした。

【連載】

『柔道整復師のための知っておくべき基礎知識』P34

~脳震盪とセカンドインパクト症候群について~
木下 雄飛・煙山 奨也・西沢 正樹・大曽根 舞・舟喜 晶子・神内 伸晃・長尾 淳彦

日本超音波骨軟組織学術研究P36

『高齢者の超音波画像に基づいた運動器の「質」の分析』 西原 賢・坂本 哲也

◇柔整施術至極の理論P38

柔整が治療家であり続けるための理論武装シリーズ18 佐藤 勇治

『やぶの整骨院雑学日誌』№7P40

☆臨床現場に希望とヒントをもたらす究極の愛のメモリー 藪野 返上

カーキーのおもしろ見聞記<イベント編>P61

「草間彌生展」 安藤 カーキー

「接骨院の現状」 P66

№49=患者さんのニーズ変化= 藤原 俊也

《真実の追求》№14 「子宮頸がんワクチンの機序を考察する」 P74

<子宮頸がんワクチン接種後の起立性調節障害発症編> 林  碩虎

バックナンバー

過去に発行した『からだサイエンス』の目次をご覧頂けます。
こちらに掲載されているより以前のバックナンバーをご希望の場合は別途お問い合わせください。

お得なご案内

年間購読をお申し込みの方に限り初回無料!

このウェブページから「からだサイエンス」の購入申し込みを頂くと以下の特典があります。

・年間購読をお申し込みの方
年間購読料6,000円(年6回発行・送料消費税込)のところを初回は無料とさせて頂きます。

・1冊だけお申し込みの方
1冊1,000円を900円とさせて頂きます。

メールに お名前・フリガナ・郵送先ご住所・ご連絡先・Eメールアドレス をご記入の上送信ください。
お客様の情報は本誌の郵送および本誌記事に関わる情報のご案内に限り使わせていただきます。

お申込みをお待ちしております。

『からだサイエンス』2017年2月号
第22巻第132号 平成29年2月15日発行 定価:1,000円

お申込みはこちら

からだサイエンスの"輪"

業界の「調和と健全」な発展を目指すポジティブな仲間たち

発行・編集:枝 千恵子/発行所:からだサイエンス社 東京都武蔵野市緑町2-5-7-101 電話:0422-60-2959 FAX:0422-60-2969